Bit-Archer

サブサブブログ。

余計な詮索を受けないために濁して書く

世の「お小遣い稼ぎサイト」で、お金を儲けたいんだか儲けるつもりがないのか分かんないような口調で記事が書かれていて、不思議に思った。

また、ポリシー違反になるサービスもあるからかもしれないが、収入公開の例も少ないなと思ってた。

なんで妙に秘密主義な感じがあるのか考えていたのだが、これもしかすると書いても得しない・書くと損するからなのでは……と思った。

書いても得しない、というのは、次のような意味。

  • サービスによってはポリシー違反になるような収益公開記事を書くためには、そのサービスを使っていない別のサイトを用意する必要がある。
    しかし、別サイトにしてしまうと本サイトのアクセス数が稼げないし、別サイトのアクセス数が上がっても本サイトの足しにならない。だからやるだけ無駄、という。
  • 具体的な収益公表によって、「そんなに稼げるなら俺もやろう」参加者 = ライバルが増える。
    もしくは「そんだけしか儲からないならこのサイト見る必要ないな」とアクセス減に繋がる恐れ。

書くと損する、というのは、次のようなこと。

  • 副収入の具体的な額が当局にマークされる。
    (人によってはそれが「損」になる可能性も…?)
  • ポリシー違反によってそのサービスから BAN されるリスク。

あとは単純に「コイツ稼いでて気に入らねえ」という理由からの荒らしや攻撃の対象になるリスクもあるだろう。

とはいえ、サービスを紹介するにあたって、収益に繋げるには「稼げますよ!」と言わないといけない。だから「稼げるとされるサービスを紹介はしているが、自分がいくら稼いだかは言わない」というサイトが多いのではないだろうか。

なんか、大人って正直に・素直に生きづらいなぁ、って思った。