Bit-Archer

お小遣い稼ぎ関連の体験記。

2017年になってようやく世のアフィリエイターが何をしているのか分かってきた

Amazon アソシエイトと楽天アフィリエイトに登録したのが2007年頃。A8.net とかバリューコマースとかにも当時登録してはいたが、特に自分のサイトで紹介したい広告がなく、稼ぎ方が分からず断念。

「こういう ASP (アフィリエイト・サービス・プロバイダ) を使ってどうやって稼ぐっていうんだろう、Amazon とかみたいに自分がやってるゲームサイトとかに載せやすい広告を自由に選べないと難しくね?」と思ったまま、アフィリエイト自体に興味を失って2017年を迎えた。

2017年に入り、自分のブログで Google AdSense や Amazon アソシエイト・楽天アフィリエイトを再開して、よっしゃここは一つ、アフィリエイトを再勉強するかなと思い、ココ最近色々調べて、世のアフィリエイターが何をして稼いでいるのかが分かってきた。

アフィリエイターはサイトを量産する

まず、「趣味のサイトを1つ2つ運営して毎月何十万も稼ごう」という発想が間違っていた。アフィリエイターは300とか400とかいう数のウェブサイトやブログを量産して稼いでいる。どうりで A8.net に副サイトが500サイトまで登録できるワケだ。

つまりどういうことかというと、「このキーワードで検索してもらったら、自分のサイトに来てもらえそうだな」という検索キーワードを調査し、そのキーワードに合わせたサイトを作るのだ。よくあるキーワードだと、FX だとか、美容だとか、稼げる単価がなるべく高いキーワードで、まだ大御所が参入していない (自分が参入する余地がある) キーワードを探す。分からないけど例えば、キーワードの組み合わせとかで、「脱毛器 痛くない」はまだ自分のサイトがヒットしそうだなーみたいなことを調べて、それに沿った広告を貼れるようにサイトを作るのだ。

だからそもそも、自分が好きなジャンルだとか、自分が詳しい話題だとか関係なく、稼ぎのために仕事としてそのジャンルを勉強し、記事をでっち上げるのだ。

そしてそれも数サイト程度じゃたかが知れている。被リンク数を稼ぐために数百サイトを作り、うまくリンクしあって、検索エンジンから見た自分のサイトの価値を上げるようにする。また、Google の方針として独自ドメインのサイトの方が価値が高いと見なすようなので、独自ドメインもバンバン取る。この辺の諸々がいわゆる「SEO 対策」として話されている内容になるみたい。

数百サイトもどうやって作るの? → サイト作成ツールがある

数百サイトを量産するって、相当に骨が折れる話だ。僕自身は、HTML・CSS・JS のスキルがあるので、デザイン面では自分で作れないことはないものの、毎度凝った作りにして、ユーザの気を引くサイト作りは相当難しいと思う。そもそもそのジャンルに関する記事を書かないといけないし…。

そこで出てくるのが、「SIRIUS (シリウス)」などの「サイト作成支援ツール」の存在だ。既に「美容向けサイト」みたいな感じでジャンルごとにテンプレートが選べて、記事、広告の挿入が楽にできたり、FTP アップロードもやってくれたりするツールがあるようだ。テンプレート機能がかなり優秀な「ホームページビルダー」といったところか。逆にこの商材を売る方が稼げそうだけど。

そういうツールは買わないと中身が分からないし、買った人はあまり情報を公開してくれないけど、どうやら記事の文章も自動生成する機能を持つツールがあるようだ。どこかのサイトでサンプルの文章を読んだがかなり自然で、そのままコピペしてもそれらしいサイトになりそうな文章だった。

極端な話、テンプレート使って量産したデザインで、文章が自動生成でも、貼ってある広告が目について、「詳細はコチラ」みたいなリンクを踏んでくれくれればそれで収入に繋がるワケで。これを数百サイトという単位で作っているから全体で月に数十万とかになるようだ。

数百サイトをどう管理するか → 複数サイトを持てるサーバがある

これだけのサイトをどう管理するのか。無料で済ませることもできなくはないだろうが、大抵は「エックスサーバー」とか「シックスコア」みたいなレンタルサーバを借りているようだ。

このようなレンタルサーバは、50サイトとか100サイトとかを置けるようなプランになっていて、WordPress に対応していたりして色々便利みたい。

そうそう、ブログを置くなら WordPress がいいみたい

アフィリエイトの文脈で WordPress を使ったことがないので詳しいことは知らないのだが、Ping 送信できるとか、プラグインやテーマが豊富だとか、静的サイトっぽいのも作れるとか、PHP 製だからカスタマイズしようと思えばできるとか、多分その辺の理由で、WordPress を使うことが多いらしい。

独自ドメインは ASP のセルフバックを利用して安く仕入れたりする

独自ドメインは、一度検索エンジンに載っていたような中古ドメインを使ったりすることもあるようだが、A8.net 経由で「お名前.com」を使うと、セルフバック (自己アフィリエイト) という仕組みで若干のキャッシュバックが得られたりするようだ。こうやって自分自身も ASP を利用して、費用を安く済ませたりしているみたい。

ペラサイトという手法もある

WordPress にせよ通常のサイトにせよ、作成するページ数は1サイトあたり10〜20ページ (記事) ぐらいの様子。こういうサイトを量産して、基本一つひとつのサイトは放置するやり方らしい。

一方、「ペラサイト」という手法もある。

一昔前だと、情報商材の広告サイトなんかで、「○○に困っていませんか…?」みたいな見出しから縦に長いページが続き、「失敗談 → 成功体験 → それを実現したのはこの商材! → 以下からお申込みを!!」みたいなノリで、1ページで完結しているサイトがあったと思う。

こういう1ページで終わるサイトを「ペラサイト」(1枚ッペラの意) と呼ぶそうで、どちらかというと短期的な収入に落ち着くようだが、戦略の一つとして量産することもあるようだ。

記事は外注に出すことも

文章を自動生成できるツールがあると言ったが、実際はそれをペタペタ貼り付けてもダメなようで、魅力的な文章を書き上げないといけない。しかしそんな労力をずっとかけ続けることもできない。

というワケで、「特定のキーワードに関する2000字の記事を書いてください」みたいな感じで、文章作成を外注に出すこともあるようだ。ランサーズみたいなところで募集してたりとか、「アフィリエイト塾」と称してアドバイスをする代わりに記事を書いてください、なんていうやり方もある。

こんなことを繰り返さないと稼げない

先日、ヒカキンの1日を紹介する動画が激務だと話題になっていたが、アフィリエイターの場合も相当な激務だ。

ヒカキン密着24時 〜YouTuberの裏側〜

儲かりそうなキーワードを選定し、ツールを利用しているとはいえ、数時間で1サイトを立ち上げ、SEO 対策をしてヒットを見守る。これを毎日2・3サイト分繰り返して、ようやくサラリーマンの月収を超えるような感じが相場みたいだ。

勿論、たまたま1つのサイトが当たって儲かったとか、趣味がちょうど株だったから趣味の株サイトを作っただけで儲かったとか、苦なく成功した例もあるとは思うが、それらは稀なことだ。

全然興味のないジャンルを勉強し、全然楽しくなくても楽しそうな文章を書いて、ダルくてもサイトをアップし続けていかないと稼げない。

正直、自分の興味のない話を勉強してまで書くことが自分には出来なさそうで、感服である。

これは極端な言い方だが、自分の金儲けのために調べた情報で作ったサイトなんて、あまり価値の高い情報はなさそうだし、いかにユーザをだまくらかして広告を踏ませるかってことだろうから、あんまりやる気にならない。いやもちろん、儲けることを考えたら適当な文章は書けないし、「ヒットしそうな検索キーワード」はつまり「ニッチな助けを求めているユーザの存在」であり、彼らのために先回りして勉強してサイトを作り上げている側面もなきにしもあらずだろうから、一概には無価値なサイトとは言わない。

いやしかし、それにしても凄い労力だなぁと…。

アフィリエイターがどうやって稼いでいるのか、手法が段々と見えてきて、なんというか、現実感が強くてゲンナリしてしまった。

A8.net の広告コードは別々のサイトで使い回しても大丈夫!

A8.net に登録して、広告コードを取得しようとした時、「掲載サイト」のプルダウンを変更すると、広告コード中のパラメータも変化していることが分かる。

これってもしかして、掲載サイトを正しく設定しておかないと収益にならなかったりするのか?と思ったのだが、どうやら選択した「掲載サイト」でない副サイトに貼っても大丈夫なようだ。

同じ広告素材を複数のサイトに掲載して良いですか?

複数の登録サイトに同じ広告素材を掲載いただいても問題はございません。
ただし、管理画面のレポート上では一つのサイトから発生した成果として反映されてしまいます。

掲載サイトを選択することで、レポート上にてサイト毎の成果を確認できますので、
掲載サイト毎に広告素材を取得していただくことを推奨しております。

ということで、成果レポートを正確に集計するために、掲載サイトに合わせた広告コードを貼ることが望ましいが、成果レポートを気にしないとか、面倒臭いとかであれば、掲載サイトと違うコードを貼っても問題ない。

ハピタス経由で登録したら無効判定でポイントが貰えなかった激重アンケートサイト「Toluna」を紹介

前回紹介したハピタスで、とりあえず何か案件に登録して、スタンプラリーの 100p をゲットしようと思った。

bit-archer.hatenablog.com

そこで、無料で会員登録すると 100p もらえるということで、「Toluna」というアンケートサイトに登録してみた。

アンケートごとに30円~150円を獲得!」なんてキャッチコピーで、ポイントは 1p = 1円ではなく、数百ポイントで1円分、みたいな謎の単位で加算される。

フランスの会社だからなのか何なのか分からないが、サイトの動作が物凄く重たい。「アンとケイト」ぐらいサクサク表示されれば半分ぐらいの時間で終わりそうなアンケートに、20分近くかかったりしている。

アンケートの数は全体的に少なめか。登録した当初は色んなジャンルのアンケートを答えられるが、それらが一段落すると、1~2日に1件ぐらいのペースになる。

ポイント交換は 20000p からで、Amazon ギフト券なら750円分、PeX なら 7500p 分ということで、2万ポイントで750円相当ということになる。自分の場合は、4月18日に Toluna に登録してから、ちょこちょこと答えていただけだが、今日5月1日時点で 20000p を超えた。ざっくり、約2週間で最低交換ラインのポイント数が稼げてしまった。

アンケートが多すぎないのは個人的に嬉しいところで、アンケートの対象者に見合ったときの稼ぎは1回あたり 2000p 前後とまぁまぁ大きいので、稼ぎは悪くない。しかし、いかんせんサイトが重すぎる。アンケートに答えるのがダルくなるくらいだ。

おまけにハピタスではなぜか Toluna の登録が無効判定になり、ハピタスポイント 100p が得られなかった。もしかしたら AdBlock とかが入っているブラウザで作業していると、不正を疑われることがあるかもしれない。残念だが、ひとまず Toluna の方でそれなりにポイントが稼げたから OK とする。

Toluna、スキマ時間にちょっとやるならオススメである。↑

ぼくは無効判定になってしまったが、皆さんは有効判定を狙ってハピタス経由で登録してもらってもいいかも。↓

というワケで A8.net の広告を貼ったブログ記事を書いてみた

どういうワケですかね?というタイトルだけど、A8.net に登録した。昔も登録していたけど、8年ぐらい前じゃなかろうか。再登録である。

A8.net は、Amazon アソシエイトなんかとは違って、A8.net 自体に登録する時のサイトの審査はなく、「この広告を載せて欲しい」という会社と「この広告を貼りたい」というサイト運営者の仲介をしているようなイメージ。だから広告ごとに「ウチのサイトにこの広告貼らせてください」という申請と審査がある (広告によっては即時 OK を出すモノもある)。

そういう仕組みなので、モノを売る広告に関しては、その幅は Amazon なんかよりは狭いかもしれない。A8.net 経由で楽天の商品の広告を載せられたりもするが、それよりも A8.net が得意なのは、クレジットカードだとか FX 口座だとか、直接のモノを買うワケではないサービス系だとか、サプリだスキンケアだといった特化型の広告である。

そうすると必然的に、A8.net の広告を載せやすいサイトの形態も、必ずしもブログではなく、ミニサイトなんかが向いているかもしれない。つまり、いくつかの商品を紹介したり比較したりするページを一度作ったら基本放置で、ブログのように日々更新するような形態ではないやり方だ。本当に金稼ぎのためだけの、ブラックアフィリエイトの手法として語られることもあるが、自分が興味を持っている分野に関する広告があるなら、こういうミニサイトの作成を通じて、自分の知識を世間に共有してもいいと思っている。


さて、とはいえ自分は金融にも健康商品にもあまり興味がなく、それを書くための勉強をしてまで何かしようとは思ってはおらず、ブログに貼るイメージ画像代わりに使えないかな (自分で画像用意するのが面倒) という方が強いので、A8.net に登録して最初に貼った広告は「ブックオフ」の広告にしてみた。それが以下の Murga で書いた記事である。

見事に A8.net の広告イメージが記事 OGP イメージとして使われている。

広告を中央揃えにするには、はてなブログにデフォルトで適用されている blog.css 内にあった .center というクラスを利用している。このクラスには text-align:center と、左右 margin:auto が指定されている。

<div class="center">
  <!-- ココに A8.net の広告を貼っている -->
</div>

これでこんな感じになる。↓

記事の内容はブックオフにまつわる自分の体験談で、広告の「ブックオフオンライン」そのものの宣伝はしていない。でも、画像がないのは寂しいし、これが少しでも小遣いの足しになったらいいな、と思って書いてみた。


他に運営しているブログに関しては、書きたいことを広告に寄せていくようなことはしないつもりだが、このブログにおいては、小遣いの足しになればいいなという思い全開で、貼る広告から考えた記事を展開していこうかなとか考えている。

なんというか、金稼ぎしたいのにそれを表に出していませんよ~感が表に出ちゃっているアフィサイトは寒気がするので、逆に開き直って、「そうだよ金欲しいから書いてんだよ」って公表するスタンスになってみようかなと。自分の性格上、正直なことしか書けないから、まず書けそうにないジャンルには手を出さないし、書いたことが全てポジティブなことにもならないと思う。むしろ広告を踏む気がなくなるようなことばかり書くんじゃないかと思う。…って、それはそれで何したいんだって感じだけど、正直に話をして少しだけお金がもらえたらええな~って思ってるのです (正直)。

A8.net の特徴や使い方などに関しても、これから追々書いていこうと思っている。お楽しみに。

ポイントサイト「ハピタス」に登録した雑感。

ハピタス」というポイントサイトに登録したので、所感を書いておく。

どんなサイト?

ハピタスに登録し、ハピタスのサイト上から「楽天市場」や「ヤフオク」のサイトに飛んで買い物をすると、そのうちの数パーセント分のポイントがハピタスに貯まる、というポイントサイト。他にも「保険の資料請求をすると」「FX サービスに登録して取引を始めると」ポイントがもらえたりする。

ぼくはもう学生でもないので、色んなサービスの登録をちまちまやってポイント稼ごうとは思ってないのだが、気になるサービスがあり、ハピタス経由で登録した方がお得だと思い、先にハピタスを始めた。

登録までの流れ

以下のバナーをクリックしてハピタスのサイトに遷移する。

よくあるポイントサイトと同じように会員登録をする。

なんか最近はケータイを使った2段階認証とか、セキュリティが凝ったつくりになってる。昔はババーっと登録できちゃってたけどなぁ。

初回は100ポイント稼げる「スタンプラリー」がある

ハピタスに登録したあと、以下の3つを行うと100ポイントがもらえる、スタンプラリーのサービスをやっている。

  • アンケートに答える「アンケートひろば」でアンケートに回答する
  • 「ハピタス検定」というハピタスのサービスに関する10問のクイズに答える
  • 何らかのサービスを1つ以上利用する

1つ目のアンケートは楽勝。2つ目の「ハピタス検定」も、ググると回答が載っているサイトが見つかる。

3つ目のサービス利用だが、最初は「無料会員登録」などの、ローリスク・ローリターンな案件を試すと良い。

案件は、ポイントが貰える対象の行為 (会員登録) などを行ってから数日程度で「判定中」ステータスになり、確認作業を終えて1・2ヶ月後に「確定」となるのだが、「判定中」ステータスになった時点でスタンプラリーの条件はクリアできる模様。

1P のアンケートはバナー広告の誤クリックを狙った悪質なモノ

「アンケートひろば」に届くアンケートの数は比較的多いが、付与されるポイントが 1P のアンケートは、バナー広告を誤クリックさせることが目的の、悪質なアンケートサイトに飛ばされる。

ページを読み込むと、バナー広告が1つずつ読み込まれ、その度にコンテンツの位置がズレる。さらに「次のページへ」リンクを押そうとマウスを合わせると、ホバーした瞬間にその位置に広告が登場したり、かなり悪質だ。AdBlock を有効にしているとページ自体が開けず、無効にするとこのように広告の嵐だ。

以下のように色々なサイトで文句が飛び交っている。

さすがに頭にくるし、1P (1円) の価値もないのですぐに止めた。2P 以上もらえる普通のアンケートは、「アンとケイト」などのまともなアンケートサイトに飛ばされるので、こういうアンケートだけ答えるようにしよう。アンケートで稼ぐなら、ハピタスで紹介されている「マクロミル」でも始めたほうがいい。

ポイント交換条件は比較的容易

貯まったポイント交換条件は、

  • 1つ以上の案件が「有効」ステータスになること
  • 300P 以上貯まっていること

ということで、楽天ポイントなど特定の交換先であれば、300ポイント (300円分) から交換が可能になる。

換金しやすいのは良いところかも。

無料会員登録系は承認率悪いかも

別途記事を書くが、いくつかの案件で既に「無効」判定、つまり会員登録などをしてもポイントがもらえない判定が出てしまった。

ハピタスのサイト上にもレビュー機能はあるのである程度参考にはできると思うが、このサイトで「無料会員登録でちまちま稼ぐ」のは難しいかもしれない。

クレジットカード作成や口座開設など高額案件をやれそうな人にはオススメ

既に色んなカードや銀行口座を持ってしまっている人は、案件の対象に合致しないので難しいと思うが、学生とかでこれからカードを作ったり口座を開設したりしようとしている人は、ハピタス経由で登録するだけでいくらか小銭が稼げるので、そういう人には、こういう「案件をこなしてポイントを稼ぐサイト」は向いているかもしれない。

紹介制度もあるので、サイトを見てみて、紹介されているサービスで買い物をする機会が多いとか、登録したい案件が見つかったとかであれば、まず登録してみると良いかと。